切る道具
はさみ(紙用・工作用など)
デザインナイフ
カッターナイフ
スチール定規
カッターマット

“切る” 道具の おはなし。
私は、はさみとカッターナイフの両方を使います。

基本的に曲線をはさみで、直線はカッターナイフで切ります。
使っているはさみは、『ツヴィリング』の、事務用バサミ。
小振りなので細かい部分も切りやすく、切れ味も抜群です。
しかも、小さいのに持ちやすいので重宝しています。

はさみの刃を 切り取り線に沿わせるようにして、はさみを持っていないほうの手を くるくる動かしていくと 切りやすいです。

カッターナイフは用途に合わせて使い分けています。
一番左はよく使うもの。『NT Cutter』の繊細な切り抜き作業用デザインナイフ。
ラバーグリップがとっても持ちやすいです。
刃は、用途によって 30°と45°を交換しながら使います。
はさみでは切りにくいような、とても細かい曲線部分を切る時に使います。

その隣も同じく『NT Cutter』のデザインナイフですが、こちらはヘッドが回転するようになっています。
初めは「使いにくいかも・・」と思っていたのだけれど、慣れると便利です。
けれど私はやっぱり、回らないほうが使いやすいので、これは小さな円形の穴を切り抜く時にだけ使っています。

その隣も『NT Cutter』。こちらはプロ作業者用の工作ナイフです。
“プロ作業者の為に生まれたプロシリーズ”と言われるだけあって、確かにとっても使いやすいです。
これは直線を切る時に使います。刃は30°の鋭角刃。
『rotring』のスチール定規(150mm)と一緒に使います。細かい作業なので、この長さの定規が丁度よいです。

カッターナイフを使うときは、必ず カッターマットを敷いてください。
スチール定規を切り取り線に合わせて、ゆっくりと切り取ります。
手を怪我しないよう、注意してください。

一番右のカッターナイフは、一般的な45°の刃を使うもの。いろんなところで手に入ります。ちなみにこれは『無印良品』のものです。
細かい作業や曲線を切るのには向いていませんが、直線はこれでも充分切れます。
私は、大まかな作業の時や 薄い紙を切る時にだけ使います。

カッターナイフは、使っているうちに刃先が欠けてくるので、頻繁に刃を交換して、切れ味のよい状態で使うことが大切です。
切れ味が悪くなると、切り口が汚くなるだけでなく、手に余分な負荷が掛かったり、また、怪我の原因にもなります。
ご使用の際は、充分ご注意ください。

それから、大切な机などを傷付けない為にも、必ずカッターマットを敷いて作業してください。
小さいマットだと100円ショップでも手に入ります。

以上は、私がペーパークラフトに使う “切る”道具です。
あくまで私が使用した個人的な感想なので、迷っている時の参考までに・・・。
あとはやはり実際に使ってみて、一番使いやすいものを使っていただくのがよいと思います。
いろいろ試してみてくださいね。

  • 切る道具
  • 折る道具
  • 貼る道具